サイト内検索 powered by Google

サーフィンが変わる / 本物のサーフスケートボード
レール to レールの本当のサーフィンを身につけるスケートボードを使うとサーフィンが変わる
surfmaster.html


パドリング強化 最強アイテム / パワーブリーズ
どんなにハードなパドリングもこれ1つあれば楽々♪息切れ知らず今世紀最強のトレーニングマシン。稲葉浩志さんも愛用パワーブリーズ!!!
powerbreathe.html

Top > E.ハウトゥーサーフィン >  e.フォーム > サーフィン上達のコツ・前足の角度について

サーフィン上達のコツ・前足の角度について

 

サーフィン基本フォームの続きです。

" 前足の角度 "


誰もが一度は考えたことがあるはず。


今日は、このサーフボードに置く前足の角度についてお話しします。


 

サーフィン雑誌やイラストでは、

" 前足の角度は45度、後ろ足の角度は90度 "

と書かれているものもあります。 

 

サーフィン初心者の人は、これを鵜呑みにしてしまうと、サーフボードに立つことが出来なかったり、立ってもフラフラして、いつまでも安定せずサーフィンどころではない状態が続くことが多いのです。 

 

 

この前足の角度というところを、もっと詳しくすると、どの位置の45度なのか?ということです。


1. カカトから小指のラインが45度なのか

2. カカトから足の中指のラインが45度なのか

3. カカトから足の親指のラインが45度なのか


これをサーフボードやスケートボードの上で、1度やってみてほしい。

 


どの置き方が、1番あなたにとってコントロールしやすいですか?

 

 

 

 

一般的に

前足の角度(カカトから足の親指のライン)が90度に近づけば近づくほど最も強くレールに荷重ができ、サーフボードが足に吸い付いてきます。

ashi90.jpg 

ここで、

あのアルメリックを世界的に有名にしたトムカレンと、マークオクルーポが闘ったベルズビーチの映像を見たことがあるでしょうか?

そう、あの黄色いウェットスーツを着て、頭半はあるであろう波に素晴らしいボトムターン、トップターンをするシーン。


トムカレンがボトムに降りて、トップに向かう瞬間。


後ろ足をステップバックさせると同時に、前足も真横ほぼ90度になるように踏み変えているのが、はっきりと見えます。


前足をこのように踏み変えることによって、レールがしっかりと入れやすくなります。

 

 

上の動画の中のトムカレンの前足も、かなりきつい角度ですね。これくらいの角度を付けるといいですね。 (真横に立つつもりでいいでしょう)ashibasic.jpg 


 

 

また、

これとは逆に、このように前足を前向きにしてしまうと、レールに力が入らず、とてもやりにくくなります。

ashi70.jpg足の向きが前向きに近づけば近づくほど、足の自由度は広がるが、足の踏み込みをボードに伝えにくくなり、倒れやすくなります。

 

 

 

また、サーフィン雑誌では

" 前向きに立って、手は真横にトライアングルの様に開く "

 

なんていう記事がありますが、この感覚で立ってしまうと、多くのサーフィン初心者の前足は、前向きになって、途端に倒れやすくなってしまいます。

 

 

なので、

「真横に立って、前側の手が身体の内側に入らないように少し引く」

と、言っています。

 

 


なぜならば、

真横90度の意識で立つ方が、

結果的に、カカトから足の小指のラインが45度くらい(もっときつくていい)

親指までのラインが10度から20度くらいになって、倒れにくい上に前足荷重になり、

しっかり押さえやすく、コントロールしやすくなるから。

(45度の意識で立つと、足は前に向きすぎて踏み込みが弱くなり、レールが入りにくくなる)


足の荷重が最も加わるのは、カカトから親指の付け根部分です。なので、このラインを90度にするとMAXでレールに力を加える事ができます。

 


海で

・ レールが入りにくい

・ 倒れやすい

・ 足からボードがすぐ離れてしまう


という人は、前足の角度がどうなっているのか、一度見てみましょう。

 

 

サーフボードにしっかり吸い付きたい場合は、前足の角度は真横90度に置いてみましょう。

 

身体も横向きで(無理に身体を前向きにしようとすると膝の負担が大きくなる)、前の腕が、身体の内側に入らないように。

 


この時点で、カーバーなどの前足荷重の出来ない首振りトラックのスケートボードが、サーフィンとまったく違うことが分かります。

そもそもレールは、板を横に振って入れるものではありません

必ず、本当に良いスケートボード でやりましょうd(^_^o)


 

あなたのサーフィンがさらに上達しますように。

 

>> メッセージを送る



椎間板ヘルニアの治療・予防 / WASAI逆さぶら下がりベンチ
サーフィンの椎間板ヘルニアの治療・予防。プロフェッショナルなサーファーの肉体を手に入れる必須トレーニングベンチ!!
professional_body.html


サーフィン用 肋骨の痛み軽減・治療 / リブガード
パドリング時の肋骨の痛みを軽減、予防・治療に。プロフェッショナルになるためには、やらなければいけない時がある!!
ribguard.html


Power Breathe

↓   ↓   ↓   ↓
>>> Power Breathe パワーブリーズ <<<



Almerrick Header.jpg

E.ハウトゥーサーフィン

 e.フォーム

サーフィンの基本フォームは、一番大事です。しっかり意識しましょう。
関連エントリー
サーフィンの調子を取り戻すにはどうすればいいのか?技に磨きをかけるにはサーフィン・スケートボードの助走の付け方アルメリックに乗ってもスピードが出ない人フラフラする人。サーフィンの手の使い方についてサーフィン上達のコツ・前足の角度についてレディースサーファーのサーフィン上達のコツ・フォームサーフィンの基本・フォームケリー・スレーターのサーフィンをコマ送り、スローにして分析したDVD


CATEGORY1
更新履歴
サーフィンでもなんでも基礎が一番大事(2018年3月13日)
サーフィンを趣味でやるのか本気でやるのか(2018年1月27日)
サーファーに渡す2017クリスマスプレゼント(2017年11月 6日)
自然の法則・サーファーもやったことは返ってくる(2017年10月14日)
新品のサーフボードと水を吸ったサーフボードの違い(2017年9月27日)






著作権について
当サイトの掲載情報・画像・写真すべてのコンテンツの無断複写・転載・販売・再加工配布を禁じます


    

CHANNEL ISLANDS
SURFBOADS
SANTA BARBARA


SURFERMIND