サイト内検索 powered by Google

サーフィンが変わる / 本物のサーフスケートボード
レール to レールの本当のサーフィンを身につけるスケートボードを使うとサーフィンが変わる
surfmaster.html


パドリング強化 最強アイテム / パワーブリーズ
どんなにハードなパドリングもこれ1つあれば楽々♪息切れ知らず今世紀最強のトレーニングマシン。稲葉浩志さんも愛用パワーブリーズ!!!
powerbreathe.html

Top > E.ハウトゥーサーフィン >  f-1.アップスフロント > レールを意識しよう

レールを意識しよう

私がおすすめしているスケートボードを購入し慣れてきた人は、徐々にボードコントロールができるようになってきています。


フロントアップス
バックサイドアップス

フロントボトムターン
バックサイドボトムターン

フロントトップターン
バックサイドトップターン

ありとあらゆることができるなってくるでしょう。

 

そうした時、基本的な体を動きをマスターできたのですから、次はレールを少し意識してみましょう。


体の動きができてくればレールの深さなど、

 

例えば、アップスで話をすると、

しっかりとした前足荷重でしゃがんで、伸び上がる時に、しっかりフロントのレールを入れて、

 

そのレールで路面をしっかり切るように、鋭角にレールを入れ、しっかりと伸び上がりましょう。

レールを意識してみると、

 

レールが路面をギュギュギュギュギュッ!!

と切っている感覚や、

 

ジャーーーーー!!!!!という、そういう音が出るでしょう。


しっかりとレールを入れればその感覚はすぐに分かるはずです。

このレールで路面を切る感覚でやっていると、なかなか動かないスケートボードがどんどん加速して進みます。(カーバーのような後ろ足荷重横振りではありません

 


私もいつも使用しているスケートボードを購入した人は、絶対にパンパンやチクタクはしないようにしてください。

しっかりとした前足荷重を手に入れて、サーフボードにしっかり乗り込み、今までよりスピードアップしてサーフィンしましょう。

楽しんでいきましょう。

>> メッセージを送る



椎間板ヘルニアの治療・予防 / WASAI逆さぶら下がりベンチ
サーフィンの椎間板ヘルニアの治療・予防。プロフェッショナルなサーファーの肉体を手に入れる必須トレーニングベンチ!!
professional_body.html


サーフィン用 肋骨の痛み軽減・治療 / リブガード
パドリング時の肋骨の痛みを軽減、予防・治療に。プロフェッショナルになるためには、やらなければいけない時がある!!
ribguard.html


Power Breathe

↓   ↓   ↓   ↓
>>> Power Breathe パワーブリーズ <<<



Almerrick Header.jpg

E.ハウトゥーサーフィン

 f-1.アップスフロント

関連エントリー
スピードが出すぎると直線的になりやすくなるアップスからボトムターンへの視線良いサーフィンと、走るサーフィン(アップスとボトムターン)サーフィン用スケートボードの違いで大違いのサーフィンレールを意識しようアップスのコツ(フロントサイド)アップスン動画から学ぶアップスンのコツ


CATEGORY1
更新履歴
サーフィンでもなんでも基礎が一番大事(2018年3月13日)
サーフィンを趣味でやるのか本気でやるのか(2018年1月27日)
サーファーに渡す2017クリスマスプレゼント(2017年11月 6日)
自然の法則・サーファーもやったことは返ってくる(2017年10月14日)
新品のサーフボードと水を吸ったサーフボードの違い(2017年9月27日)






著作権について
当サイトの掲載情報・画像・写真すべてのコンテンツの無断複写・転載・販売・再加工配布を禁じます


    

CHANNEL ISLANDS
SURFBOADS
SANTA BARBARA


SURFERMIND