サイト内検索 powered by Google

サーフィンが変わる / 本物のサーフスケートボード
レール to レールの本当のサーフィンを身につけるスケートボードを使うとサーフィンが変わる
surfmaster.html


パドリング強化 最強アイテム / パワーブリーズ
どんなにハードなパドリングもこれ1つあれば楽々♪息切れ知らず今世紀最強のトレーニングマシン。稲葉浩志さんも愛用パワーブリーズ!!!
powerbreathe.html

Top > E.ハウトゥーサーフィン >  z.大波時の危険回避 > 息止め時間を長くする方法

息止め時間を長くする方法

サーフィンで息を止める時間がもっとほしい。もっと長く息を止めたいという方法についてお話しします。

息止め

あなたはどれくらいの時間息を止めることができるでしょうか?


これを長くする方法はずばり

陸上での息止め

ものすごくシンプルな方法なのですが、

陸上でストップウォッチを持って、2度大きく息を吸って鼻をつまんで止める。

息止めを1回やって、2分間隔をあけてもう一度やる。

これを毎日1週間やります。

そして1度伸びた息止め時間は、その後、少しは短くなるけれどもあまり練習しなくても伸びたままになる

と言われています。



サーフィンをしない一般の人でどうなのでしょうか?1分半(90秒)くらいなのでしょうか?



これ練習していくと、最初は1分くらいだった人も2分を超えることができます。

しかし、あんまり長くなってくると、苦しくもなってくるのですがまだ息を止めることができる。でも、これ以上は一人でやって大丈夫なのかな?という不安が頭をよぎるポイントがあります。

あまりに長くやりすぎるとブラックアウトといって、一気に意識を失うのではないか?という不安がよぎりますが、実際は意識を失う前に体が痙攣しはじめるはずです。が、、、


とにかく無理は禁物です。




私も経験しましたが、

海の中で息をこらえすぎると、はじめ体が痙攣しはじめ、次に体全体がガタガタと痙攣がまったく止まらない状態になり溺れます。

それで1度死にかけたことがあり、自分自身に大丈夫だと言い聞かせながら足をバタバタさせて呼吸が整うまでなんとか沈みながらも浮いていました。その後、心と自信を完全にへし折られ、しばらく海に恐怖を覚えるようになりました。



もう一度は昨年、そこまでいってはいなかったけれどもあと数秒海の中から浮き上がってこれなかったら海の深いところで体が痙攣しはじめ、海の藻屑となっていた。この時もしばらく恐怖を感じながら海に入っていました。

ということがありました。

今年は幸いそういうことはありませんでしたが、いつそういう目に合うか分からない。海はなめていると非常に危険です。自分が気付かないところに危険が潜んでいます。


息を長くする


というトレーニングは安全と同時に危険もはらんでいるので、充分気を付けましょう。
時間が長く、苦しいけれどもまだ我慢できる。というのは、あやしいので少し手前でやめるといいでしょう。



前回お話しした肺活量を上げただけでも息は長くなりますが、大きい肺活量を使って息を止める。ということをやるとさらに息は長くなります。


より大きな波で、しかも安全にサーフィンをやるのならば息止め。自分で把握しておくことが大事です。

トレーニングは充分気を付けて自己責任でやってみてくださいね。



限界をプッシュするのがサーフィンだけれども、限界をプッシュしすぎて超えすぎないように!!

さらに上のサーフィンライフ楽しんでいきましょう♪

>> メッセージを送る



椎間板ヘルニアの治療・予防 / WASAI逆さぶら下がりベンチ
サーフィンの椎間板ヘルニアの治療・予防。プロフェッショナルなサーファーの肉体を手に入れる必須トレーニングベンチ!!
professional_body.html


サーフィン用 肋骨の痛み軽減・治療 / リブガード
パドリング時の肋骨の痛みを軽減、予防・治療に。プロフェッショナルになるためには、やらなければいけない時がある!!
ribguard.html


Power Breathe

↓   ↓   ↓   ↓
>>> Power Breathe パワーブリーズ <<<



Almerrick Header.jpg

E.ハウトゥーサーフィン

 z.大波時の危険回避

関連エントリー
エスボードの悲劇息止め時間を長くする方法しっかりレールを使おうサーフィン・素直は人は上達が早いユーチューブをテレビの大画面で簡単に見ることができるアイテムスケートボードのトレーニングはやっぱり凄いサーフィン初心者リップの練習・助走(ランページの乗り方)プロサーファーになる方法とは・小川直久プロのサーフィン上達のコツスケートボードやっていますか?世界初動体視力トレーニングメガネ「プライマリー」でライディングが変化する体型を生かすサーフィン(カットバックは途中でやめない)サーフィンのビデオの撮り方(自分で撮る方法)私がすすめるスケボーを購入した人にご連絡サーフィン上達のコツサーフィン・プロサーファーになるにはB'z 稲葉浩志 パワーブリーズ・パドリングパドリング強化は稲葉浩志のパワーブリーズが素晴らしい一点集中したサーフィンをサーフィン・ザ・シークレットサーフィン・イズ・マイライフ(surfing is my life)プロサーファーの体の使い方世界トッププロサーファーの体サーフィンが上手くなるためにガンガンサーフィンが上手くなるにはプロのやり方を学ぼうバックサイドのアップスケリー・スレーターのサーフィンをコマ送り、スローにして分析したDVDサーフィン基本練習サーフィンの調子が悪い時と、サーフボードの長さを楽しむ時サーフィン上達のコツ サーフィンメルマガQ&A伊良湖サーフィンからのアドバイス自然の法則・サーファーもやったことは返ってくるワイキキでの波の乗り方・初心者に最適なワイキキ真冬のサーフィンと冷え溜まりについてボトムターンの種類サーフィン・マニューバについて大きな波はちゃんと危険を予想した上でエキサイトするサーフィンと決断力・メンタルサーフィン、パドリング、筋肉疲労にプロテイン・ゴールドジムホエイプロテインスピードが出すぎると直線的になりやすくなるランページ・テールを抜いたリップトレーニングランページで重力と会話・サーフィンのターンとスケーターのターンサーフィンと天気図、波の当て方冬場のサーフィンのトレーニングで身体を変えようサーファーマインド・人はいつまでも生きていると思っているパドリングの強化には懸垂トレーニングサーフィン初心者がセミガンから始める理由息止め時間を長くする方法サーフィン上達の過程Q&Aサーフィン・リップの上達 ランページの作り方ワイキキ沖でバラクーダに噛まれたサーファーの精神力リップをドライブケリースレーターの柔軟性を手に入れるにはアップスからボトムターンへの視線ボトムターンでレールが入らないサーフィンも人生もバランスが大事素直な人は上達するのが早いしっかりレールを使おう良いサーフィンと、走るサーフィン(アップスとボトムターン)ケリースレーターのパドリングについてサーフィン上達のコツ・フロントトップターンテイクオフの時にアゴを付けるのか付けないのか?パドリングのしすぎで腕が上がらない時の乳酸除去初めてサーフィンをやった人がいきなりパドリング自宅で出来る肺活量の測り方サーフィンの調子を取り戻すにはどうすればいいのか?サーフィンで鍛えられる背筋力ドルフィンスルーからダックダイブへ変わろうサーフィン用スケートボードの違いで大違いのサーフィンサーフィン上達のコツ・フロントサイドフローターサーフィン上達のコツ・ラウンドハウスカットバック(Roundhouse Cutback)LEVEL4技に磨きをかけるにはサーフィンにヨガは必須(続々と入会しているヨガスタジオLAVA)サーフィンとメンタルトレーニングサーフィンの始め方1・サーフィンを決める(ファンボード)深田恭子さんがサーフィンにハマっているらしいパンピングについてサーフィンを挫折してボディーボードに転向これからサーフィンを始める初心者にお勧めのサーフボード・サーフィンセット大波が恐くて海に入れないという経験、ありませんか?サーフィンのトレーニングに初動負荷トレーニングを取り入れてみようボトムターン前に必ずステップバックしようレールを意識しようドルフィンスルーQ&Aボードが切れたら岸に向かって泳がない。波に向って泳ぐパドリングがサーフィンの質を落とす波が悪いのか、自分が悪いのか?メンタルな部分サーフィン・スケートボードの助走の付け方サーフィン・バックサイドボトムターンのコツアルメリックに乗ってもスピードが出ない人フラフラする人。サーファーはバカなのか?目が見えないブラインドサーファー・Derek Rabeloサーフィン初心者・バックサイドリップの練習(ランページ)サーフィン初心者・フロントリップの練習(ランページ)サーフィン初心者・ランページでのリップ練習の前段階(路上)サーフィン初心者リップの練習・助走(ランページの乗り方)プロサーファーになるにはベーシックを変えるプロサーファーになる方法とは・小川直久プロのサーフィン上達のコツスケートボードやっていますか?サーフィンの手の使い方についてサーフィンの基本はレール・レール使いを意識しようサーフィンのトレーニングはジョギングをしようサーフィン初心者を早く立たせる方法サーフィン上達のコツ・前足の角度について台風18号、大きな波はサーフィンの基本の大切さを思い知らされる波(大きめの波の乗り方?)サーフボードが動きにくい場合サーフィン・ステップバックは前足荷重もっとハードに攻めるにはトレーニングを。トレーニングマニア向けトレーニングスーツ・マススーツサーフィン初心者・波に乗る場所、波に乗る方法サーフィン初心者・サーフボードへのワックスの塗り方サーフィン初心者・パドリングの仕方サーフィンとヨガとフリーダイビングサーフィンとヨガの呼吸方法・トムキャロルのヨガサーフィンのルール・ドロップインについてサーフィンの始め方・サーフボードに寝そべる位置サーフィンの始め方(サーフィンのルール) 波に乗る順番サーフィンの始め方4 サーフボードの保管、持ち運びについて(サーフボードケース)レディースサーファーのサーフィン上達のコツ・フォーム藤本美貴さんが産後ヨガでダイエット成功-14kg達成前に乗りすぎるとパーリング?日本最大級のヨガ教室LAVA体験でサーフィン上達サーフィン初心者のためのサーフィン動画集ショートボードになかなか立てない人へサーフィン上達のコツワイキキビーチロングボーダーのラウンドハウスカットバックについてサーフィンのボトムターンのコツ2カレントを見る方法・カレント対策はパドル力(パドリング)強化テイクオフ時の注意点・特にしっかりと背中を反らすことヨガとホットヨガの違いサーファーマインドについて・サーファーは自然崇拝主義か?子供に教えるサーフィン2小さな子供にサーフィン・スケボーを教える注意点1サーフィンの始め方2・サーフボードの選び方(ロングボード)サーフィンの始め方2 サーフボードの選び方(ショートボード)サーフィンの始め方1・サーフィンを決める(ロングボード)サーフィンの始め方1・サーフィンを決める(ショートボード)サーフィンのテイクオフがうまくいかない人へ本当にサーフィンが上手くなりたい人へ「勝負食」サーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL3サーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL2サーフィンのフロントボトムターンのコツ2サーフィン・チューブライディングのコツワイプアウトの息のトレーニングにはパワーブリーズパワーブリーズ・口コミレビュー(パワーブリーズはまったく違うトレーニング)バックサイドのアップスのコツアップスのコツ(フロントサイド)サーフボードが横に進むコツ3通りの方法 パーリングの原因リッピング・バックフットの位置サーフィンとイメージローリングスルーサーフィン フロントボトムターンのコツ1アップスン動画から学ぶアップスンのコツB'z 稲葉浩志 パワーブリーズ・パドリングパドリング強化は稲葉浩志のパワーブリーズが素晴らしいサーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL1サーフィンの基本・フォームサーフィンとヨガ一点集中したサーフィンをサーフィン・ザ・シークレットサーフィンの早い上達サーフィン・イズ・マイライフ(surfing is my life)プロサーファーの体の使い方サーフボードの長さ世界トッププロサーファーの体ガンガンサーフィンが上手くなるにはプロのやり方を学ぼうバックサイドのアップスケリー・スレーターのサーフィンをコマ送り、スローにして分析したDVD頭を冷やしてサーフィンサーフィン基本練習ドルフィンスルー・ローリングスルーパーリングの原因サーフィン上達のコツ・現役プロサーファー小川直久 監修DVD2枚組サーフィン・前足加重についてサーフィンの調子が悪い時と、サーフボードの長さを楽しむ時サーフボードに立つにはテイクオフがうまくいかない人のチェック項目ぐちゃぐちゃの波の乗り方アル・メリックサーファー ボビー・マルチネス大きな波はちゃんと危険を予想した上でエキサイトする息止め時間を長くする方法ワイキキ沖でバラクーダに噛まれた自宅で出来る肺活量の測り方大波が恐くて海に入れないという経験、ありませんか?ボードが切れたら岸に向かって泳がない。波に向って泳ぐ


CATEGORY1
更新履歴
サーフィンでもなんでも基礎が一番大事(2018年3月13日)
サーフィンを趣味でやるのか本気でやるのか(2018年1月27日)
サーファーに渡す2017クリスマスプレゼント(2017年11月 6日)
自然の法則・サーファーもやったことは返ってくる(2017年10月14日)
新品のサーフボードと水を吸ったサーフボードの違い(2017年9月27日)






著作権について
当サイトの掲載情報・画像・写真すべてのコンテンツの無断複写・転載・販売・再加工配布を禁じます


    

CHANNEL ISLANDS
SURFBOADS
SANTA BARBARA


SURFERMIND