サイト内検索 powered by Google

サーフィンが変わる / 本物のサーフスケートボード
レール to レールの本当のサーフィンを身につけるスケートボードを使うとサーフィンが変わる
surfmaster.html


パドリング強化 最強アイテム / パワーブリーズ
どんなにハードなパドリングもこれ1つあれば楽々♪息切れ知らず今世紀最強のトレーニングマシン。稲葉浩志さんも愛用パワーブリーズ!!!
powerbreathe.html

Top > E.ハウトゥーサーフィン >  f-1.アップスフロント > スピードが出すぎると直線的になりやすくなる

スピードが出すぎると直線的になりやすくなる

サーフィン、もっとスピードアップしたい。

誰もがそう思い、スピードを上げるためにアップスをやろうとします。

そこで間違ったスケートボードを手に入れてしまうと荷重が違うためアップスそのものの動きがチグハグになり、それを身体が覚えてしまって実際のサーフィンで出てしまう。
それを信じて繰り返し繰り返し長い期間やっていると、こんなにやっているのにどれだけ頑張ってもまったく出来ない。

なんでなんだろう?なんでだろう?

やがてそれが、自分にはサーフィンは向いてないんだ。まったく上手くならないのは自分のせいなんだ。

サーフィンそのものがさっぱり分からなくなってしまって。。。。。

なんていう勘違いをしてしまう、、、そういう人が多いです。


でも、それは安心してほしい。

それは、あなたが原因ではなくて、本当は間違ったスケートボード選びが原因なのです。


道具なのです。

nami1.jpg
そこで、本当にちゃんとした本当のスケートボードを手に入れた人は、陸上で1週間、海で出来るようになるまでは約2週間から1カ月もあればできてしまいますが、

さらに進化してその後、アップス、ボトムターンまで出来たとします。


そうすると、面白いもんだから、とにかく走りたい。

スピードを上げまくってリップしたい。

とにかくアップスでスピード。

と走りまくります。



ところが、アップスでビュンビュンスピードは上がるようになって走っている瞬間は楽しいけれども、どうもリップにつなげることが出来ない。

スピードが上がったころには波が終わっている。

リップに垂直に上がれない。

などなど、次には次の課題が出てきます。



で、ここで冷静になって考えてみてほしいのです。

結論を先に言うと

「スピードの出し過ぎは直線的になる」

です。



そう、バイクや車と同じでスピードが上がれば上がるほど曲がりにくくなります。

で、ボトムターンせずに後ろ足を踏んで足で板を振り上げたり、板だけ上がってればいいや。

みたいなサーフィンに変化して、それが癖になっていく人もいます。(それが楽しいのであればそれでも良いのですがサーフィンという視点から見て)



速いというのは武器になるけれども、マニューバ(波の上に描いてきたライン)が薄いサーフィンが癖になると、後々、大きな課題になったりします。



その出過ぎたスピードは、どちらかというと角度の緩いボトムターンからのトップターンやフローター、エアー向きのスピードで、それを急角度で垂直にリップに上がるには、タイミングと高いスキルが必要です。



むしろ、波が大きい時などスピードが出過ぎたら、わざとスピードを落としてリップにアプローチする。とさえ言うほどスピードというのはコントロールが必要なのです。



それよりは、やはりよく言われるように縦のライン。トップからボトム。ボトムからトップ。
とボトムターンリップを繰り返す方が技術的には上、とあるように、それも真剣考えてみるといいでしょう。

もちろん、そんなに簡単にいかないからサーフィンは楽しいのですし、それが気持ちよく決まった時に快感なのです。



あなたのサーフィンがより楽しくなりますように。

>> メッセージを送る



椎間板ヘルニアの治療・予防 / WASAI逆さぶら下がりベンチ
サーフィンの椎間板ヘルニアの治療・予防。プロフェッショナルなサーファーの肉体を手に入れる必須トレーニングベンチ!!
professional_body.html


サーフィン用 肋骨の痛み軽減・治療 / リブガード
パドリング時の肋骨の痛みを軽減、予防・治療に。プロフェッショナルになるためには、やらなければいけない時がある!!
ribguard.html


Power Breathe

↓   ↓   ↓   ↓
>>> Power Breathe パワーブリーズ <<<



Almerrick Header.jpg

E.ハウトゥーサーフィン

 f-1.アップスフロント

関連エントリー
スピードが出すぎると直線的になりやすくなるアップスからボトムターンへの視線良いサーフィンと、走るサーフィン(アップスとボトムターン)サーフィン用スケートボードの違いで大違いのサーフィンレールを意識しようアップスのコツ(フロントサイド)アップスン動画から学ぶアップスンのコツ


CATEGORY1
更新履歴
サーフィンでもなんでも基礎が一番大事(2018年3月13日)
サーフィンを趣味でやるのか本気でやるのか(2018年1月27日)
サーファーに渡す2017クリスマスプレゼント(2017年11月 6日)
自然の法則・サーファーもやったことは返ってくる(2017年10月14日)
新品のサーフボードと水を吸ったサーフボードの違い(2017年9月27日)






著作権について
当サイトの掲載情報・画像・写真すべてのコンテンツの無断複写・転載・販売・再加工配布を禁じます


    

CHANNEL ISLANDS
SURFBOADS
SANTA BARBARA


SURFERMIND