サイト内検索 powered by Google

サーフィンが変わる / 本物のサーフスケートボード
レール to レールの本当のサーフィンを身につけるスケートボードを使うとサーフィンが変わる
surfmaster.html


パドリング強化 最強アイテム / パワーブリーズ
どんなにハードなパドリングもこれ1つあれば楽々♪息切れ知らず今世紀最強のトレーニングマシン。稲葉浩志さんも愛用パワーブリーズ!!!
powerbreathe.html

Top > E.ハウトゥーサーフィン >  p-1.カットバックフロント > サーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL1

サーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL1

このページは、フロントサイドからのカットバックのコツについてです。

 

カットバックと言っても、フロントからのカットバック、バックサイドからのカットバックがありますが、 


どちらも共通するのは、

「倒れない程度にレールを入れて、じぃーっと、曲がり終えるまでフォームを保つこと」

 

これがカットバックの基本、コツはこれに尽きます。

これを繰り返していくとカットバックが出来るようになります。

 

フロントサイドからのカットバック

LEVEL1 

「スピードがある状態で、基本フォームのまま倒れない程度にかかと側のレールを入れ、スープに当てるまで、それをじーっとキープし続けるカットバック」

 

 

1.基本フォーム cutback-f1-level1.jpg基本フォームは、いつものまま。

波の先へ行き過ぎて、スピードが出ている状態。 

 

 

2.レールを入れる  cutback-f2-level1.jpg

かかと側のレールを入れます。

視線は行きたい方向を見ます。

両手の高さを同じにしても とても良く、トライアングルのように両手を同じ高さにすれば、もっと安定感が増して倒れにくくなります。

 

 

(レールの入れ方)  cutback-f5-level1.jpgレールの入れかたは、前足を踏みすぎないでノーズをこの様に少し上げた状態で、この角度を意識してレールを入れます。

 

 

3.スープに当てて  cutback-f6-level1.jpgレールを入れて、じーっと待っているとスープがやってきます。そのスープに当てて、 

 

 

4.板を返します  cutback-f7-level1.jpg スープにしっかり当てて、サーフボードを返します。そしてまた基本フォームに戻ります。


 

 

 

 

※注意点1 前の手の位置

前の手が体の前に出ないこと。 cutback-f3-level1.jpg

前の腕が、体の前に来ると後ろに倒れます。出ないようにしましょう。

 

 

 

※注意点2 レールの入れ方

入れすぎの場合 cutback-f4-level1.jpg前足を踏みすぎていると、波の斜面をいざ上がろうとした瞬間、レールが波に引っかかり、失速して倒れてしまいます。

ノーズを少し浮かした状態でレールを入れると綺麗にカットバックが出来ます。 

 

 

 

1が上達してきたら、次へ進みましょう。

 

LEVEL2

いったんアップスの要領で、しゃがんで伸びるアップスでスピードを上げてから、1とまったく同じカットバックをする。 

 

 

LEVEL3

アップスの要領でスピードを上げてからカットバックに入るが、その時、進行方向を見ながら体の重心を少し背中側にずらしてカットバックにキレを出す。

(LEVEL2を続けていると自然とLEVEL3が出来るようになってきます)

 

 

LEVEL4

非常に大きな円を描き、トラックも太く大きく。トップからボトム波の面の全部を使いきり、リップにも垂直にサーフボードを激しく当てる非常に大きなラウンドハウスカットバック。

(スピードとレールの入れ方、バランス、見るポイント、センスなど全てが求められる)

 

と、いう風に、自然とカットバックが段階的に上手になってきます。

  

 

基本は、


「基本フォームのまま倒れない程度にレールを入れて、じぃーっと、曲がり終えるまでフォームを保つこと。


その時に、自分の行きたい進行方向を見ると倒れにくくなる」

 ※もちろん、前の手は体よりも少し後に来ていること倒れにくい条件です。

 

なのは言うまでもありません。 

 

 

とにかく 

 

「じぃーっと、曲がり終えるまでフォームを保つこと」

 

これを試してみてくださいね。

あなたのサーフィンが1日でも早く上達しますように。
>>>STYLE MODEL(スタイルモデル)vol.2 CUT BACK 世界最高のスタイルマスター達のカットバック

 

 

 

 

 → フロントからのカットバックLEVEL2へ進む

 

>> メッセージを送る



椎間板ヘルニアの治療・予防 / WASAI逆さぶら下がりベンチ
サーフィンの椎間板ヘルニアの治療・予防。プロフェッショナルなサーファーの肉体を手に入れる必須トレーニングベンチ!!
professional_body.html


サーフィン用 肋骨の痛み軽減・治療 / リブガード
パドリング時の肋骨の痛みを軽減、予防・治療に。プロフェッショナルになるためには、やらなければいけない時がある!!
ribguard.html


Power Breathe

↓   ↓   ↓   ↓
>>> Power Breathe パワーブリーズ <<<



Almerrick Header.jpg

E.ハウトゥーサーフィン

 p-1.カットバックフロント

関連エントリー
サーフィン上達のコツ・ラウンドハウスカットバック(Roundhouse Cutback)LEVEL4ワイキキビーチロングボーダーのラウンドハウスカットバックについてサーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL3サーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL2サーフィン・フロントサイドからのカットバックのコツLEVEL1


CATEGORY1
更新履歴
サーフィンでもなんでも基礎が一番大事(2018年3月13日)
サーフィンを趣味でやるのか本気でやるのか(2018年1月27日)
サーファーに渡す2017クリスマスプレゼント(2017年11月 6日)
自然の法則・サーファーもやったことは返ってくる(2017年10月14日)
新品のサーフボードと水を吸ったサーフボードの違い(2017年9月27日)






著作権について
当サイトの掲載情報・画像・写真すべてのコンテンツの無断複写・転載・販売・再加工配布を禁じます


    

CHANNEL ISLANDS
SURFBOADS
SANTA BARBARA


SURFERMIND